サミット採用・受賞実績ありの日本酒

        残響 純米大吟醸 Super 7

        究極とは何か? これが一つの答えかもしれません。 日本酒史上最小の精米歩合「7%」(=米の表面を93%削る)。契約栽培米「蔵の華(くらのはな)」を350時間かけて自家精米し、酒造技術の限界に挑みました。1年間の氷温熟成を経て完成されるその味わいは限りなくクリア。葡萄や苺を思わせるやさしい香りとベルベットのように滑らかでしっとりとしたアタックが口の中を花火のように彩ったかと思えば瞬時に消え去り、残るはほのかな余韻のみ。後味を追いかける間もなく消えゆく、直径1mmの米粒が奏でるメロディーをお聴きください。

            勝山 「暁」 純米大吟醸 遠心しぼり

            従来の酒袋や自動圧搾機を使わず、独自に改良を重ねた遠心分離機で醪(もろみ)を高速回転させ、高純度の酒のエッセンスのみを抽出!今までの日本酒の既成概念を超える、次世代の日本酒が誕生しました。お米の甘味と旨味の輪郭、発酵による酸味と吟醸香の輪郭、すべてが美しく一体化し、圧倒的な喉越しのキレとアフターテイストの余韻の長さが食材の旨味を増幅させます。パーカーポイント95点を獲得。

            七田 純米 山田穂 七割五分磨き 無濾過生原酒

            七田ブランドの代名詞とも言える75%精米。山田錦、山田穂、雄町、愛山による四部作の一角を担う季節限定の生酒です。山田錦の母親にあたる酒米「山田穂」は、その力強さと野趣あふれるごつごつとしたテイストが特長的で、山田穂の収穫が納得のいくものであったときに醸される限定品。濃醇でヘヴィーなフルボディタイプ。

                作 「智」 純米大吟醸 滴取り

                ワンランク上の味わいを目指した「作」のプレミアムシリーズ。40%精米の山田錦を低温発酵させた贅沢なもろみを袋に入れて吊るし、圧力を加えず自重で滴り落ちる液体のみを詰めました。華やかでふくよか、透明感に溢れた極上の1本です。伊勢志摩サミットの食事会の乾杯酒。

                東北泉 ちょっとおまち

                ダジャレです(笑)。濃醇な味になりがちな酒米「雄町」をあくまでも優しく表現しているところに醸造技術のレベルの高さが窺えます。雄町のボリューム感を引き出しつつも軽やかなタッチの舌触りと余韻が楽しめる逸品。柔らかくまろやかな口当たりは、「ほのぼの」という表現がとてもしっくりくる癒し系のお酒です。

                三井の寿 夏純吟 Cicala

                季節ごとに異なる味わいとラベルで展開する人気のイタリアンシリーズ。Cicala(チカーラ)はイタリア語で「セミ」の意味。茶瓶に詰めて、木に止まっているセミをイメージしました。リンゴ酸高生成酵母を使用しているため、リンゴのような爽やかな香りと酸味を楽しめる、夏にぴったりの1本です。果物のリンゴと一緒で、冷やすとキリッと、常温に近づくにつれ優しい甘みに変わります。今まで日本酒をあまり飲んだことのない方や若者向けのキャッチ―なボディバランスがすばらしい。

                  寒紅梅 純米吟醸 プロトタイプN

                  搾りたてをそのまま瓶に詰める「直汲み」という製法を用い、発酵時に出る天然の炭酸ガスまで封じ込めたお酒です。酵母由来の落ち着きのある香り、クリスタルを思わせる透明度の高い液体に自然な甘味が溶け込んでいます。フレッシュな発泡感が程よく舌先を刺激したかと思いきや、するっと滑らかに喉の奥に滑り落ちていきます。