日輪田 山廃純米大吟醸 雄町

  • クラシック・ミディアム
21-1-1

21-1-1
21-1-2
21-1-3
21-1-4
商品名 日輪田 山廃純米大吟醸 雄町
蔵元名 萩野酒造株式会社
所在地 宮城県栗原市金成有壁新町52
杜氏 佐藤 曜平
使用米 雄町(岡山県産)
精米歩合 45 %
アルコール度数 16%
仕込水 栗駒山系霊堂沢自然水

 

タイプ

ライト フレッシュ フルーティ スムーズ
 
シャープ ドライ スイート リッチ
   

受賞歴

KURA MASTER 2017 金賞

蔵元紹介

創業1840年。蔵のある金成有壁(かんなりありかべ)はその昔「萩の村」と呼ばれていたことに社名と銘柄「萩の鶴」は由来します。宮城県下でいち早く特定名称酒造りに取り組んだ蔵で、30年ほど前に他蔵に先駆けて冷蔵倉庫を導入、現在のレベルの高い宮城県酒の草分け的存在となりました。現専務で酒造りを統括する佐藤曜平氏が蔵に戻った2002年に、山廃造りに特化したブランド「日輪田」が誕生。
「日輪田」とは古代神に捧げる穀物を育てた丸い田のことで、お日様と田んぼの恵みを皆で輪になって楽しんでほしいという意味も込められています。佐藤氏が目指すのは、外行きのドレスではなく、毎日着られて心地の良い上質な普段着のような酒。深みがあるのに軽く飲み疲れしない酒。それを可能にしているのが、「クラシックに造り、モダンに管理する」という、理論に裏付けされた高度な醸造技術と貯蔵管理です。

商品説明

自然派の造りである山廃造りと、原生種に近い雄町の掛け合わせで表現された、ベルベットの様な滑らかな舌触りと格調高い芯の通った骨格、そして丸みを帯びて収斂していく後味の上品さに心奪われます。日輪田における最高峰を表現した、お食事と合わせて引き立たせ合う純米大吟醸。

相性の良い料理

【冷酒】海老や蟹の焼き物、造りなど
【燗酒】蟹鍋、海老のソテー、メバルの煮付けなど

おすすめの 温度帯

【冷酒】10 – 15℃
【燗酒】45℃前後

おすすめの酒器

【冷酒】小ぶりのラッパ型ワイングラス
【燗酒】小ぶりの陶磁器の平盃

蔵元住所