浅間山 純米 大辛口

  • モダン・ライト
  • イタリア
  • ガルガーネガ
16-1-1

16-1-1
16-1-2
16-1-3
16-1-4
商品名 浅間山 純米 大辛口
蔵元名 浅間酒造株式会社
所在地 群馬県吾妻郡長野原町長野原1392-10
杜氏 櫻井 武
使用米(麹米) 山田錦(兵庫県)
使用米(掛米) 吟ぎんが(岩手県)
精米歩合 60%/60%
アルコール度数 15%
仕込水 浅間山系伏流水

 

タイプ

ライト フレッシュ フルーティ ソフト
 
シャープ ドライ スイート リッチ
   

蔵元紹介

明治5年創業、冬は-10℃を下回る厳しい環境下で140年以上に渡り、地元に根差した酒造りを続けてきた蔵元です。酒蔵の他にも、プロが選ぶ観光ドライブイン100選で全国第1位に選ばれた観光センターや、日本のホテル100選で5位に入選した草津温泉のホテルなども経営しています。蔵元兼杜氏の櫻井武氏は東京農大卒業後、山形の出羽桜酒造にて修業。2004年に蔵に戻るとそれまで主に地元・草津のお土産品用に製造されていた日本酒から特定名称酒への切り替えを図り、2006年に「浅間山」ブランドを立ち上げました。再現性のある酒造りには定評があり、「日本一野菜に合う日本酒」を目指しています。若干35歳の若さで社長に就任され、ますますこの蔵から目が離せません!

商品説明

控え目な立ち香、軽快なボディと繊細なミネラル感、スッと切れる後口がたまらなく爽快。「辛口」とは辛い酒ではなく「ドライ」ということ。それを教えてくれるお手本のような酒です。品質もさることながらコスパも抜群!

相性の良い料理

菜の花のお浸し、バーニャカウダ、鳥刺し、鯛や平目の昆布締め、わかさぎ天ぷら、
ロールキャベツ、八宝菜、青菜の炒め物など。

おすすめの 温度帯

5℃程度

おすすめの酒器

小ぶりのラッパ型のグラス

蔵元住所