東洋美人 ippo 原点からの「一歩」 山田錦

  • モダン・ミディアム
  • ドイツ
  • ケルナー
  • ミュラー・トゥルガウ
  • リースリング
13-1-1

13-1-1

商品名 東洋美人 ippo 原点からの「一歩」 山田錦
蔵元名 株式会社澄川酒造場
所在地 山口県萩市中小川611
杜氏 澄川 宜史
使用米 山田錦
精米歩合 50%(非公開)
アルコール度数 16%
仕込水 月山岩清水

 

タイプ

ライト フレッシュ フルーティ ソフト
シャープ ドライ スイート リッチ
       

受賞歴

SAKE COMPETITION 2018 第2位

蔵元紹介

東洋美人は「稲をくぐり抜けた透明な水でありたい」。そう語る蔵元兼杜氏の澄川宜史氏は、かの「十四代」醸造元・高木酒造で修行し、若手No.1の造り手とも称される存在です。地元契約栽培の山田錦を始め、酒未来、愛山、雄町、亀治などといった個性あふれるお米から色気のある妖艶な酒を生み出し、日本のみならず世界中のファンを魅了してきました。そんな人気蔵を襲った2013年7月28日の集中豪雨。2メートル近い土砂に飲みこまれ、壊滅的な被害を受けながらも、全国の同士による支援のもと、懸命の復旧作業によって奇跡の復活を果たしました。通常の出荷体制に戻るまでまだ時間はかかりますが、原点である「酒造りのできる喜び」を胸に着実に前に進んでいます。

商品説明

「未だ水害の爪痕が残る中、蔵の建て直しが終わり、次なるステージへと歩を進めた澄川酒造場。酒米違いシリーズの第1弾は酒米の王様「山田錦」。白ブドウの様な香りとやわらかな膨らみのあるボディが心地よく、ふんわり優しい余韻が後を引きます。その透明度の高さは正に蔵がテーマに掲げる「稲をくぐり抜けた水」のよう。 
※非表示ながら50%精米の純米大吟醸無濾過生詰め(1回火入れ)です。

相性の良い料理

白身魚のカルパッチョや刺身、旬野菜の天ぷら、甲殻類や野菜のコンソメジュレがけなど

おすすめの 温度帯

10℃前後

おすすめの酒器

大ぶりのワイングラス

蔵元住所